男性が絶対やってはいけないオナニーのやり方

前回、「男性の正しいオナニーのやり方」について紹介した際に間違ったオナニーで早漏・遅漏、膣内射精障害、ED(勃起不全)などにのリスクがあるとお伝えしました。では具体的に間違ったオナニーとはどうのようなやり方なのでしょうか。今回は具体的になNGなやり方をご紹介します。こちらも必見です!

NG

絶対やってはいけないオナニー1:刺激が強いアダルト動画などを見ながらのオナニー

強い刺激を受けながら(見たり聞いたり)のオナニーはそれ以上の刺激がないとイケいな体になる可能性があるので注意が必要です。例えて言うならSM系の動画や、高齢過ぎる熟女動画、男性の普段は出来ないことを具現化している同人詩などの物がありそれが当たり前にならないように注意して下さい。
AVを視聴する場合は可能な限り現実に近いものが良いでしょう。彼氏と彼女がラブラブして前戯からの本番みたいな感じのはおすすめです。いきなり最後のイクところだけではなく最初から見れればよりいいですね。最近は女性向けのAVも多数あるのでそちらを見てみるのもいいと思います。
2次元は現実とはかけ離れたシチュエーションが多いです。触手や猛獣に犯されるなどです。これも出来れば避けるべきです。現実世界で起こりうる刺激の強くない作品を選ぶようにしてください。
刺激の強いものに慣れているとこういった普通のAVでは物足りなさを感じるでしょう。しかしこれを続ける事で刺激の弱いものでもイケるようになり同時に妄想力も戻ってきます。そうなれば妄想力だけでも十分興奮できるようになるでしょう。

絶対やってはいけないオナニー2:床オナニー

では具体的なオナニー方法に入ります。最初に上げるのは床オナニーです。これは性器を床と自分のお腹に挟み圧迫しながら腰を浮かしたり戻したりして擦り付けるやり方です。手で行うより刺激を得られ簡単に快楽を得られます。そしてこれに慣れると強い中毒性があるためなかなか抜けれません。彼女とのセックスよりも断然こっちが気持ちいとなり深みにはまります。床だけではなく何かに擦り付けて圧迫しながらのオナニーはやめましょう。

絶対やってはいけないオナニー3:皮オナニー

この方法でオナニーをしている人は結構いると思います。亀頭に皮を被せて亀頭をシゴクやり方です。マイルドな刺激が得られます。しかしこの弱い刺激でイク事に慣れると早漏を招くこともあります。更に皮が伸びでしまうので包茎になる事さえあります。

絶対やってはいけないオナニー4:足ピンオナニー

足ピンオナニーはお尻からつま先にかけ力をいれて、脚をピンと一直線に伸ばして射精を促す方法です。皆さんも一度は経験があるのではないでしょうか。また、かなりの頻度でしている方もいると思います。これも止めるようにしましょう。
これがなぜNGなのかというとある特定の体位でないとイキづらい体質になるからです。今回は足ピンオナニーが一番多いので取り上げましたが他にも立ったままやうつ伏せ状態などある特定の体位だけでのオナニーも同様NGです。
足ピンオナニーはつま先まで力が入る体勢なのでセックスでは騎乗位でしかイケない事になってしまいます。特定の体位でしかイケないと彼女とのセックスも楽しみが半減するだけでなく彼女を満足させることも出来なくなります。

絶対やってはいけないオナニー5:ローション

普通のオナニーで使うのはもとより今まで紹介したオナニーに併用する事でより一層刺激を得るオナニー方法です。風俗でマットプレイをするときはたっぷりのローションを付けてプレイします。だたそれだけなのに普通の何倍も気持ち良くなります。ローションを付けるという単純な事なのですがそれでオナニーするとその気持ち良さと言ったら…ローションに慣れてしまうと今までのオナニーとは比べものにならず、セックスよりも快楽を感じてしまいます。その反面ローションの虜になってしまい癖になると早漏や遅漏など様々なリスクの原因になってしまいます。女性の膣でイクためにもこれが癖になっている人は止めることをおすすめします。

絶対やってはいけないオナニー6:寸止め

寸止めオナニーは「イキずらい体質になる」とか「射精を自分でコントロールできる」といた理由でする人がいますがそもそも根拠のない事と言われています。寸止めは大変危険な行為である事を知って下さい。射精の直前で止めると精液が膀胱に向かって逆流する可能性があるのです。これを逆行性射精と言います。寸止めオナニーばかりするのは良くないですね。

絶対やってはいけないオナニー7:短時間でのオナニー

短い時間で射精するオナニーは勃起の持続力低下にもつながり、結果中折れなんて事にもなりかねません。持続力を継続するためのオナニー方法はじっくりと時間を掛けてオナニーする事です。射精する事を急がず徐々に気持ちを高めてじっくり行います。出来れば30分はかけたいものです。長時間のオナニーを継続する事で持続力を付ける練習にもなります。

絶対やってはいけないオナニー8:半勃起でのオナニー(射精)

半勃起オナニーは完全に勃起していない状態で射精する事です。半勃起のまま射精する事は自分が本当に絶頂していないのに射精する事になります。正しい射精は勃起した状態が大前提です。この方法で継続的にオナニーすると最悪勃起状態を継続できず勃起不全の原因になる可能性があります。十分注意しましょう。

「絶対やってはいけないオナニーのやり方」まとめ

今回は前回と真逆のテーマでお話をしてきました。紹介してきたNGな方法で継続的にオナニーをする事で様々なリスクがある事を知ってもらえたら幸いです。もしご紹介したNGなオナニー方法を実践している方はこれを機に一度見直してはいかがでしょうか。

おすすめ動画