必見!男性の正しいオナニーのやり方

男性のほとんどがオナニーをすると思います。オナニーはセックスと違い自分の好きなやり方で自由に楽しんでいるでしょう。しかし間違った仕方でオナニーをしている人が大勢ます。間違った方法でやり続けると取り返しのつかない事になる場合があります。そうならないためにも今回は正しいオナニーの方法についてご紹介します。

間違ったオナニーは早漏・遅漏の原因に

耳を傾ける外国人男性

普通オナニーは誰もが自由にでき、誰かにやり方を教わるってことはあまりないかもしれません。しかし最初を間違ったやり方で始めてしまいそれが当たり前になり後々まで治す事が出来ない事が多いです。オナニーもやり方を間違えれば早漏や遅漏になってしまします。
早漏とは早く射精してしまうことです。三こすり半という言葉を聞いたことがあると思いますが、少しの刺激で射精してしまう悲しい症状です。また逆に遅漏とは刺激を与え続けでも射精できない症状です。男性から見れば射精までが長いのでいいと思われがちですが、女性にとっては早漏よりやっかいと思われる場合があります。長くイカないと挿入されている膣は擦れるしフェラもアゴが疲れるなどなどとても大変なんです。
これらの早漏・遅漏は間違ったオナニーをやり続ける事が原因のケース多いです。まずはみなさんに間違ったオナニーをすると先ほど言った症状を引き起こす原因になると認識してもらえればと思います。

膣内射精障害になってしまうかも…

膣内射精障害は女性の膣内で射精が出来ないことです。オナニーのやり方を間違えるとこれになる場合があります。これが原因で不妊治療を行っている男性も少なくありません。オナニーをする場合の強い力でペニスを握る、過激なエロ動画などが当たり前になるなどで目の前にいる女性に興奮できず膣圧では射精できなくなるのです。
これは膣内でイケないだけでオナニーであれば普通に射精出来ます。夫婦間のセックスで膣内で射精できなければ子づくりもままならず、女性を傷つけることにもなってしまいます。これも早漏・遅漏と同じように間違ったオナニーによる場合があると言われています。

勃起不全(ED)

勃起不全は勃起をしないのもそうですが、勃起をするが持続しないや勃起をするまでに時間がかかるのもこの可能性があります。なる原因としてはストレスや食事などの生活習慣の乱れ、タバコ、病気などが様々な可能性があります。その中で先ほどの早漏、遅漏、膣内射精障害がストレスとなってEDの症状につながりやすくなってしますのです。

正しいオナニーの考え方

まずオナニーに対する考え方ですが、オナニーには様々な方法があります。足ピンオナニー、寸止めオナニー、床オナニーなどなど色々ありますが中には危険な方法もあり昨今のネット社会では直ぐに調べれば出てきます。まず一番に考えるのは気持ち良くなることだと思いますが、そのために色んなリスクと背中合わせに自分がいるという事です。では正しいオナニーの方法とはなにかと言われると賛否ありますがここでは「女性(膣内)を感じる事の出来るオナニー」と言っておきます。具体的にはオナニホールを使うオナニーをおすすめします。
オナホールを使う事で自分の握力が直接伝わらず女性の膣内をよりリアルに感じ取ることが出来ます。「刺激が弱い」と思われる方もいると思いますがこれが本来の膣に近い刺激なのです。最後は膣内で射精する事を考えると、オナニーで過度な刺激を与え続ければ前項で上げた症状になる事は簡単に想像できます。

正しいオナニーのやり方1:環境を整える

オナニーは精神状態によって気持ち良さが大きく変わります。落ち込んでいるときや悲しい時にオナニーするのといい事があった時にオナニーするのでは全く違います。オナニーも生活の一部です。精神が不安定な時には色んなミスが多くなるのと同じように、そう様な時にオナニーをすると普段以上に強く握りしめたりして強い刺激を与えかねません。最悪病院へなんて事もあるぐらいです。そうならないためにもリラックスした状態でする事を強くおすすめします。
まずは第一は場所です。誰かがきて中断するような場所は良くありません。自宅やホテルなど邪魔されない環境で行ってください。そして体勢も様々ですが仰向けになり足を軽く曲げる大勢をおすすめします。体もリラックスできますし同時に足ピンオナニーになる事を防げます。自分が一番リラックス出来る体位を探してみるのいいかもしれませんね。

正しいオナニーのやり方2:強い力でシゴかない

まず適度な刺激とは何なのかを思い出して下さい。それは膣圧だという事を!強い刺激をあたえるとその時は気持ちいかもしれません。しかしそれは今まで述べてきた症状に向かって進み始めているのだと。女性の膣は男性の性器によって収縮します。女性によって膣圧はまちまちです。どの膣圧でも射精できることがベストです。なので日頃から弱い刺激で射精できるように力を入れ過ぎないようにしましょう。興奮すればするほど無意識に力が入るので意識してするようにしましょう。
では適度な力でシゴクにはどうすればいいのでしょうか?
一つ目はペニスを手の平と5本の指で握るのではなく親指と人差し指(場合によっては中指もプラス)でする方法です。手全体で握りしますのに比べ2本または3本で挟み込むようにしごくので各段に力を弱める事が出来ます。そして適度な力で長時間する事はとても有効です。
もう一つが利き手と逆の手でする事です。これは少し練習が必要です。利き手はどうしても自由に扱える分力も入りやすいですが普段使わない手はなかなか上手く使いこなせず逆に刺激が弱すぎたりします。しかし刺激を押さえいいアクセントにもなります。一度チャレンジしてみるのもいいかもしれませよ。

正しいオナニーのやり方3:エロ動画などではなく妄想力

オナニーをするとき多いのがエロ動画などを見ながら強い刺激で射精してる場合が多いです。ネット時代の今は、無修正はあたりまえで過激な物もすぐ視聴する事が出来ます。しかしそういった強烈な刺激で日々射精するとあなた自身のこのみ自体をも変えていってしまいます。特定の行為でないとイケないといった事にもなりかねません。そういった身近にあるものに頼るのではなく妄想力で自分を興奮させることが重要なのです。リラックスできる状態で好きな女性を思い適度な刺激をあたえゆっくりとオナニーすることはとても贅沢なことです。なかなか妄想できない人はテレフォンセックスがおすすめです。電話越しの相手がどんな格好や表情でしているのかを想像するのも妄想力を鍛えるのにいいですね。

「男性の正しいオナニーのやり方」まとめ

今回は男性にとってはかなり身近な問題でした。実際に心当たりのある方も多かったのではないでしょうか。しかし改善する事で自分だけでなくパートナーをも満足させることにつながります。また早漏や遅漏、膣内射精障害などを未然に防いだりする事にもつながります。是非今日から実践してみてはいかがでしょうか。次回は絶対やってはいけないオナニー方法をご紹介したいと思います。
関連記事男性が絶対やってはいけないオナニーのやり方

おすすめ動画