女性がもっと気持ちいオナニーをする方法(準備編)

これまで女性のオナニーする割合何をおかず(ネタ)にするかなど女性のオナニーに関する事をご紹介してきました。今回は女性がより一層気持ちいオナニーをするための方法をご紹介します。オナニーって女性の中ではネガティブなイメージがあり、同性どうしでもその話題に触れる事はほとんどありません。これは全くの偏見です。最近では自我行為は健康や美容にも多くのメリットがあり、自分自身の性感帯をしっかり認識する事でより満足出来るセックスにもつながります。気持ちいオナニー方法を知る事で日々の生活がより充実したものになります。ではこれから本題に入っていきます。

気持ちいオナニーの方法準備編1:女性(自分)の性器を理解する

多くの女性がしっかり理解していないのが女性器に対する知識です。この事をしっかり理解せずに漠然とここが気持ちいいとオナニーをしていても本当に気持ちいオナニーは出来ません。
恥ずかしがらずに自分の性器を鏡に映して良く見てみましょう。
下記イラストを参考にして下さい。

女性器を真正面から解説したイラスト

女性の性器の仕組み

イラストの上から順番に解説します。
まず「クリトリス」です。
クリトリスは「陰核」と呼ばれて、男性の陰茎(ペニス)に相当する女性器の一つです。クリトリスには、性的興奮にかかわる神経が集まっています。そのため、刺激をあたえると激しい興奮が得られオーガズムに達する事が出来ます。興奮を感じると、男性同様「勃起」をしますが、男性と違い見た目ではなかなか分かりづらいです。大きさも個人差があり4~7mm程度で、ピンク色から茶褐色まで色々です。同じ日本人でも肌の色や目の色が人それぞれ違うようにクリトリスもそうです。色や大きさなど気にする必要はまったくありません。クリトリスでオナニーする割合が一番多いと言われ初心者にはおすすめです。
上から2番目が「尿道口」です。
その名の通りおしっこが出るところです。
上から3番目が「膣口」です。
膣口は膣の入り口す。膣口の奥には膣と子宮があり子供も育てる大事な部分の入り口です。そして膣は男性器が入る重要な場所です。男性器に刺激をあたえて射精を促す役割があります。同時に女性自身も快楽を得るための大事な場所です。膣の中には「Gスポット」と言われる性感帯が存在ます。ここで絶頂する事をよく「中イキ」と呼んだりします。クリトリスとGスポットは中で繋がっています。クリトリスの真逆の先端部分がGスポットなのです。
※外側の大陰唇と内側の小陰唇は外部生殖器の一部で膣と尿道を囲んでいる膚のひだです。両方とも性器を保護する役割があります。

気持ちいオナニーの方法準備編2:リラックス出来る環境を整える

オナニーをする前にもう一つそれは環境です。大きく2つあります。まず清潔な環境をつくる。性器は男性女性問わずデリケートな場所です。手を洗剤で綺麗に洗い爪は短く切っておくのがベストです。ネイルなどをしている人はクリトリスに直接触れる事はおすすめ出来ません。下着の上から触るようにしましょう。又、膣内への挿入は控えて下さい。そしてタオルやティシューなど拭くものも手の届く場所に準備しておいて下さい。次は場所です。可能で有れば1人で集中できる場所がいいでしょう。自宅でも結構ですし、ホテルなども良いでしょう。緊張する場合はお風呂に入ったり香りのいいお香をたくなどする事もおすすめです。適度なお酒もいいですが飲み過ぎは注意しましょう。逆効果になる場合があります。

気持ちいオナニーの方法準備編3:おかず(ネタ)を準備する

気持ちいオナニーをするにはおかずが必要です。よりエッチな気分にさせてくれるものを用意しましょう。エッチな動画やマンガ、官能小説など色々あります。詳しくは前回のご紹介した「女性はオナニーするとき何をおかず(ネタ)にしているのか?」を参考して下さい。
関連記事女性がもっと気持ちいオナニーをする方法(実践編)

おすすめ動画